手芸実験室フラスコ

モノづくりには人をシアワセにするチカラがあるみたい。 何だかそんな気がするな~という直感を信じて動いてみたら、面白いのやらヘンテコなのやら真面目なのやら、いろんな手芸部が誕生し始めました。 予想外の化学変化を楽しみつつ、手芸実験を行うユニット活動です。

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手芸実験室フラスコとは

  1. 2013/06/10(月) 13:31:57_
  2. ★手芸実験室フラスコとは★
  3. _ tb:0
―手は 頭より ずっと 賢い―

いろいろ考え過ぎてしまって
逆に何にも出来なくなっちゃうことってけっこう多いと思う。
こんなとき本当はもっともっとシンプルに、
頭じゃなくて自分の手や感覚に身を任せてみればいいだけなのかも。

私たち手芸実験室フラスコは、そんな風に気軽に手作りに親しめる場所があれば
日常がもうちょっと楽しいんじゃないかな、という想いの下に誕生しました。

手芸実験の第一歩は、まず、人の手と、心と、材料と。
フラスコの中にこの3つを入れていきます。

あ、そうだ。
ついでなので“社会の諸問題”やら“失われつつありそうな大事なもの”やら
“タテマエを除いた本音の自分”なんかも数滴加えて振ってみましょう。

もしかしたらびっくりするようなハッピーな化学変化が起きるかもしれません。
はたまた時にはドカーンと派手に失敗するかもしれません(笑)

でも確かなのは、きっと何かが起きるということ。
それまでは見えなかった何かが見えやすくなるんじゃないかということ。

私たちが提案していきたい“手芸”のイメージはそう、
プリズムみたいな。

prismmini.jpg

普段気にはしていない透明な光の中にも、
目には見えていないだけで実は様々な色が含まれています。
そして、この白色光の色を可視化してくれるツールが、プリズム。
でもプリズム自体の色もこんな風に透明なんですよね。

透明な光×透明なプリズム=無限大の色。

この感じが私たちが手芸でやりたいことに似ているなぁと思いました。
目には見えないいろんな想いと私たちフラスコがコラボできたら。

“手芸×アート”
“手芸×社会問題”
“手芸×自己探求”
“手芸×伝統文化” etc…etc…

それは本当に、まるで光を可視化してくれるプリズムのように。
掛け合わされるものによって様々な色を生み出せるような、
そんなカラフルな手作りワークショップを企画できる気がします。

手芸実験室フラスコがご用意する様々なクラフト活動が
あなたの日常をほんの少しオモシロおかしくするための
エッセンスになってくれますように!


<手芸実験室フラスコはリボンヌ手芸部Fukuokaを応援しています!>
・リボンヌ手芸部は障害者施設と社会とを、手芸の力でつなぐ取り組みをしています。
 より詳しくはコチラのブログにて!
スポンサーサイト


trackback


月別アーカイブ

リンクいろいろ(順不同です)

おしゃれハンドメイド雑貨店Sally
メンバー中村が2013年末まで運営しておりましたが現在閉店しています。

手芸雑貨店Tutti Frutti
メンバー西が2014年1月末まで運営していた手芸材料店。現在は閉店。

桜坂山ノ手荘
中央区桜坂にある複合的商業アパートメント。

NPO法人ドネルモ
既存の概念に囚われない新たな仕組み作りに取り組む団体。

ダイスプロジェクト
リノベーションや廃材利用などで建物や町造りをプロデュースされてます。

NPO法人アカツキ
人材の掘り起こしやNPO団体における人同士のつながりを形にする支援をされています。

福岡恐いもの研究会
演劇×お化け屋敷などを企画。トラウマ手芸部で絡みました。

ナリワイ
いろんなナリワイを自ら創る伊藤さん。床張りWSしてもらいました。

リノっしょビギナーズ
自由に改装しつつ暮らす賃貸のカタチ。一緒にD.I.Y企画していきます。

フクオカクラフトマーケット
年一回護国神社で開催。フラスコも出店させていただきました。

特定非営利活動法人まる
アートを軸に障害者支援をされています。イベント出店ご一緒しました。

サヌイ織物
早良区小戸の博多織織元。商品製作に関わらせていただいてます。

ちどり子
へんてこかわいいものを生み出し続ける手芸作家。フラスコのお友達です。

かちゃ
福祉作業所から生み出された雑貨を多数扱う。

汽笛ドーナツ
北九州門司にある人気店。ワークショップ会場としてお世話になりました。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。