手芸実験室フラスコ

モノづくりには人をシアワセにするチカラがあるみたい。 何だかそんな気がするな~という直感を信じて動いてみたら、面白いのやらヘンテコなのやら真面目なのやら、いろんな手芸部が誕生し始めました。 予想外の化学変化を楽しみつつ、手芸実験を行うユニット活動です。

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドキッ!トラウマだらけの学園生活〜活動報告〜

  1. 2015/04/10(金) 12:02:52_
  2. 終了ご報告
  3. _ tb:0
みなさん、こんにちは!

最近雨の日が多いですね〜。桜も散ってしまいましたが、個人的には新緑7割くらいの桜が一番好きです。


さて、先週無事にトラウマ手芸部vol.5「ドキッ!トラウマだらけの学園生活」を開催することができました。

今回は現役の高校生が3名も参加していただき、たいへん胸アツな会となりました。

いつもの様に、作品を作ってそのあとにディスカッションする形式ですすめました。

今回作ったものは、消しゴム粘土です!茹でると消しゴムになる不思議な粘土!!!

CIMG1792.jpg

おしゃべりしながら、コネコネ。

「そこ!静かにしなさーい!!!」とは言わず、一緒にしゃべりまくる先生。

(一応、司会の中村は女性教師のコスプレをしてたのです。)


CIMG1791.jpg

CIMG1793.jpg

形成したあとは、お鍋でグツグツ茹でました♫

CIMG1800.jpg

CIMG1796.jpg

CIMG1812.jpg



次は、さっそく作品を紹介していきまーす(^o^)

題名と作品についての説明を発表していただきました。

今回の掛け声は、

たいへんよくできました〜!

です。ご希望の方は、一つ一つを読み終わったら心の中で言ってくださいね(毎回書くと煩いかなって笑)


<三つ編みの罠>

CIMG1790.jpg

男子棟と女子棟に分かれていた中高一貫の私立校に通っていたRさんは、

高校2年生のある日、好きだった男の子T君とデートすることに!

Rさんの友達でMちゃんという女の子がいまして、
T君がMちゃんのことをちょっといいな〜と言ってるよ、というウワサが学園内にありました。

Rさんは気になりながらも、デートの当日を迎えました。

すると、なんとその当日、Mちゃんが現場の繁華街(こっちでいう天神みたいなとこ)にいるではありませんか!

そうです、彼女は偵察に来ていたのです(あとで知った)。。。
ばったり会った二人に「あれ〜偶然ねえ」みたいな白々しい挨拶をするMちゃん。

自分の取り巻きは渡さないぞ!みたいな"オンナ"の感情でしょうか。

大人になっても思い出すと、胸の奥がムカムカするような出来だったとのことです。

そのときのMちゃんの髪型が三つ編みだったとのこと。。。

消化不良の三角関係といった感じです。幾つになってもよくある男女間トラウマでございました。。。


<ハーパン事件>

CIMG1802.jpg


高校生の作品。学校のみんなで海に行ったとき、男性の先輩の足にヒトデがくっついていたとのこと!

ぎゃーとなって、教えてあげたところ、なんと彼女の履いていたハーフパンツをいきなり、下ろされたそう…
みんなにパンツを見られて恥ずかしかったが、さいわい可愛いパンツだったので、ちょっと安心したそうです笑

先輩は意味不明の行動ですが…ちょっと彼女のことが気になっていたのかもしれませんね♡

何回洗濯したん!?っていう、ゴムがゆるゆるのパンツじゃなくてよかったですね…
新たなトラウマが生まれるところでした。


<青春トラウマ トリコロール>

CIMG1814.jpg

おしゃれにトリコロールで決めて下さった作品。
左から、

赤…暴力での制裁が有名だった高校で先生から何度も平手打ちされたとのこと。

中でも、本当は叩きたくないのに、学校の方針で叩かざるを得ない、気の優しい先生の平手打ちが一番こたえたとのこと。
なぜなら、頬に触れる瞬間に一瞬止まるから。先生の躊躇を感じて、理不尽さがどうしようもなかったそう。

白…合宿のとき、シーツの端がよれているのを見つかるだけで例の平手打ちだったとのこと…
叩きすぎやろ…

いまでは考えられないですね〜 あとはロストバージンの思い出も兼ねているそうです♡

青…廊下で、当時付き合っていたラグビー部のマッチョメンとバンド部の男子がケンカ中。

バンド部の男子が彼女をボーカルに誘ったところ、「この軟派野郎!」とマッチョが怒り出して掴み合いになったそう。
昔から、男性に振り回されがちな自分を思い出したとのことでした。


嗚呼!青春の1ぺージ!!!3つとも!!


<そなえていても緊急事態!!>

CIMG1804.jpg

いつも大事なときに限ってトイレに行きたくなってしまう学校トラウマ。
ありましたよね〜!トイレ問題。

ほっこりしました(^o^)いつものんびりしたトラウマ作品を作ってくださるNさんです♫


<ニンジャとバトンときどきしゅりけん>

CIMG1807.jpg

高校生の作品。
陸上部が嫌で嫌でしかたがなかった中、忍者のように隠れて部活をこなしていたとのこと。
手裏剣もたまーにしか打てないし…

そんな嫌いなメンバーからのバトンは受け取れない!!と思って辞めたそう。

高校生らしくまっすぐな意見で、胸を突かれました。

バトンを受け取りたくないか〜、なかなかいい表現です。
大人になると、「まあそれくらいいいか」と嘘でもバトンを受け取ってしまいそうですよね。

この話を私が敬愛する先輩に話したところ、

「バトンは受け取らなければ決して渡すこともできない。」との名言が飛び出し、二度胸を突かれたのでした。

まっすぐなのも、大人になって丸くなるのも両方いいことのような気がします。

いつの時期や年齢でも、自分の気持ちに正直なのが結局いいのかもしれません。

不登校関連のボランティア活動をしていて、活動内容が全国一位に選ばれたという彼女。

ロックな生き方が、相当かっこよかったです!!!

これからも応援したい!


<ツライサイクリング>

CIMG1810.jpg

高校生とき一番仲良しだった女の子と毎朝自転車通学していたとのこと。

ところがある日、いきなり無視されて一人で行かないと行けなくなったそう。

いまでもなぜなのかわからず、自転車のイメージとともにトラウマがずっと残っている。

いきなり無視か〜。よくありますよね…

最近では、出産したお友達にプレゼントを持って行ったところ「アンタには出来ることじゃないけどね!」と鬼のようなことを言われたそう…!

本当にそんな人居るんだな…と一同衝撃を受けたお話でした。

例の、女性同士のマウンティングってやつですね…くだらないなあ〜


<いばらの壁と孤独の海>

CIMG1809.jpg

高校生の作品。左の孤独の海で溺れているのが自分、右の陸に居るのが同級生たちとのこと。

両者の間には高いイバラの壁が立ちはだかっており、越えることが出来ない。

明るく楽しそうな右側に行きたいけど、行けない葛藤を表現していました。

ここで、大人達からいろいろな意見が出て、ディスカッションが盛り上がりました。

「越える必要はない」「右の人たちも孤独の海で溺れているのかもしれない」など、

なかなかピリリとした意見でした。彼女の心に少しでも役に立てばいいな。

*****

今回もたいへん白熱した会となりました。

最後にMVT(most valuable trauma)に選ばれた「いばらの壁と孤独の海」の作者に、

トラウマ卒業証書(手書き)を授与しました。

「ぼくたち〜」

「わたくしたちは〜」

「トラウマを」

「卒業しまーす!」

みんなで声を合わせて、締めくくりました♫


高校生が初参加していただき、世代を越えて話したり、共有できたことが、たいへん有意義でありました。

もっといろんな世代、職業、状況の人が話し合うことの出来る社会になればいいなと常々思っています。

大人のどうしようもないところや、しょーもないところを目の当たりにして、「なんとかなるやん笑」
と思える若い人が増えたらいいですね。

そのためにトラウマ手芸部が役に立てるかも...しれません...ねっ(^o^)!

(written by risa nakamura)


スポンサーサイト

アトリエ見学会しました。

  1. 2014/11/24(月) 04:59:17_
  2. 終了ご報告
  3. _ tb:0
11月15日&16日はフラスコアトリエの見学会でした!
メンバーナカムラさんのポスティング効果もありご近所の方が見に来てくださったり、
なかなかアットホームな企画でした。

きっと、いや間違いなく、「なーんか若いヤツらが妙なことしよる」とか思われていそうDeath!!
ちょっとずつ怪しさ払拭できたらいいかなーと考えつつ、
トラウマ手芸部とか官能手芸部とか怪しい企画ばっかしている我々。
悲しいかな この矛盾……

CIMG1460.jpg

CIMG1459.jpg

この見学会は『Fukuoka DIYリノベWEEK』の一環として行われました。
英字新聞や古いタグなどで天井をコラージュデコするワークショップと
革タグでオーナメントを作るワークショップも同時開催。

この部屋、壁は女性っぽく可愛らしいですが天井は男性っぽい雰囲気になりました。
こういうバランス感もいろんな人の手が入ったからこその面白みかなと思います。

CIMG1458.jpg

革タグオーナメント作りはこの中から好きな材料を選んで
特大ハンマーでハトメという金具を付けていきます。



細かい作業はあんまりしない、とおっしゃられていた参加者さん。
でも始めると没頭しちゃうもんです。

CIMG1461.jpg

完成したのは、な・な・何とムーミンキャラ勢揃いのオーナメントでした!!!
可愛すぎ!!
ここまで細かく革をカットするのは至難の技ですよ~~。
素晴らしい出来です。

ナカムラさんと一緒に「こういう予想外の作品見せてもらえるから
ワークショップやるの面白いんだよね」と盛り上がりました。

古い住宅やビルに手を加えることでそこに新たな価値を見出していく、
というのがDIYリノベな考え方。
手芸もDIYも手を動かして何か作るというところは同じなので
共感する部分は多いです。

空き物件を使って地域ネットワークを作ろうとされている方など
生の体験をお持ちの見学者さんもおられて、興味深くお話伺わせていただきました。

例えば“新築見学会”とかだったら「ああ、新しく立派な建物ができたのね」と
説明しなくても意味はストンと理解してもらえますね。
でも、「みんなでDIYして作ったから見に来てよ!Join us!」だと
途端に???なんだよねー、と。

古いものを直したからって…それが何?という空気を感じることも多いのだそう。
私はレトロ物件大好きなので何と勿体ない話だろう、とか思ってしまいます。

あとは北九州門司での楽しそうな動きについてお話聞けたりとか。
近いうち素敵な場所が誕生しそうですよ!
完成したら門司出身のナカムラさんに案内してもらおうと思ってますのでレポしますね~。

見学会にご参加くださった皆さま、そしてDIYコラボしてくださった『リノっしょビギナーズ』さん、
どうもありがとうございました!

written by Atsuko Nishi

タッセルゆらゆらブレス ~ちょっと補講編~

  1. 2014/10/21(火) 06:38:32_
  2. 終了ご報告
  3. _ tb:0
10月18日に開催しておりましたドコモスマートフォンラウンジでの講習会は、
午前の部は19名/午後の部は24名というたくさんの方にご参加いただき
大賑わいの中終了いたしました~。
※イベント詳細はコチラの記事にて※

ここまで大人数の方にまとめて講習させていただくことはそう無いので
けっこうイッパイイッパイでしたが…
でも楽しかった!!
しかし残念なことに、イッパイイッパイだったが故に講習中の写真は一枚もありません。

「スマホを使っているときの手元をより可愛く!」というテーマでデザインしたので、
ゆらゆらした動きが出るようにタッセルを合わせたブレスにしてみたんです。

CIMG1249.jpg

でも講習前に「タッセルって何ですか?」という質問を受けたり。
あ、そうか、知らない人は知らないかもね~、ということで改めてご説明しときます。

タッセルって、こういうやつ。

CIMG1386.jpg

房飾りのことですね。
カーテンをまとめておくインテリアオーナメントとして大きなタッセルが販売されてたりしますが、
今回はアクセサリー用なので2センチくらいの長さの極小タッセルを使っています。

あ、このパーツは私の手作りなんですよ。
せっかくなので作り方をご紹介しちゃいます!

<材料>
・6ミリくらいのサイズの大きめ丸カン ・25番刺しゅう糸
<道具>
・縫い針 ・ハサミ ・ペンチ

(下準備1) 丸カンの隙間をペンチで閉じて輪にしておきます。
CIMG1375.jpg

(下準備2) 25番刺しゅう糸を2本取りにして縫い針に通しておきます。
補足:25番の刺しゅう糸というのは手芸屋さんによく売られている、いわゆる普通の刺しゅう糸のこと。
    細い糸が6本束になっているので、適当な長さにカットして2本だけ引き抜いて針に通して下さい。
CIMG1376.jpg

①刺しゅう糸を指三本にぐるぐる巻きます。私は6~7回巻いてますね。
 巻いたら具合いいところで糸をカット。
CIMG1377.jpg

②指から抜き、束がまとまっているところ(←①の写真で言うと人差し指の上部分)を丸カンに通します。
CIMG1378.jpg

③中心に丸カンが来るようにして糸の束を半分に折ります。
CIMG1379.jpg

④針に通しておいた糸で根元をぐるぐる。
 巻き始めしばらくは手でしっかり押さえてかなり強く糸を引っ張りながら巻きます。
CIMG1380.jpg

⑤ある程度巻いたら固定の作業。巻き付けた根元の糸にこんな感じで針を刺します。
CIMG1381.jpg

⑥引き抜きにくいときはペンチを使って抜きましょう。針を折らないように気を付けて~。
CIMG1382.jpg

⑦ ⑤~⑥をもう2回ほど繰り返す。

⑧余分な糸を根元ギリギリでカット。⑤⑥⑦でしっかり固定できていれば玉止めなどは必要ありません。
CIMG1383.jpg

⑨仕上げに好みの長さに糸束を切り揃えます。
 (前髪のセルフカット失敗しがちの方には地味に難しい作業かもww)
CIMG1384.jpg

⑩完成!!
CIMG1385.jpg

このタッセルだけでピアスとかイヤリングとか作っても可愛いと思いますよ。
ぜひぜひお試しあれ~。


そして、今週末26日(日)はメンバーのナカムラさん企画の講座も開催されます!
このスマホ布団はドコモスタッフさんからもお褒めの言葉を頂戴しました!!
(「めっちゃウケました」って言われたから褒められたんだろう)

10710540_705529316193906_4672888785498736878_n.jpg

10682736_731158520306064_1702485133_o.jpg

詳細は以下↓

~昭和の香り漂う~ スマホ布団
日時:10月26日(日)10:30~12:30/13:30~15:30(各回定員10名)
場所:護国神社参集殿(福岡市中央区六本松1-1-1)
受講料:2800円(材料費込み)
申込先①:f_craftmkt@da3.so-net.ne.jp
申込先②:フラスコWS申込フォーム
(WS名と日時、ご連絡先等記載の上送信してください)
主催:フクオカクラフトマーケット実行委員会
問合せ先:090-8353-5330(北岡)

スマホがこんなのに入ってたら注目されること間違いなし!!
…ていうかここまで主張するもんに入れてるのにスルーされた日にゃ
自分どんだけ空気な存在なんだっつーハナシかもしれませんね。

そんなジャッジメントにも使えるスマホ布団(嘘です)、
ぜひ作りにいらしてくださいね~。

written by Atsuko Nishi

エロスを語れ!官能手芸部開催しました!

  1. 2014/10/07(火) 00:18:41_
  2. 終了ご報告
  3. _ tb:0
みなさまこんにちは!
投稿はとてもひさしぶりになります、フラスコメンバーの中村です。

先日の土曜日、満を持して”官能手芸部”を開催しました。

今回はそのレポートでございます。

大人の性教育講座を開催されている、ふじみん先生こと藤見里紗(同じ名前!)さんとコラボして生まれた企画です。
フラスコメンバーの温子さんとふじみんさんと話しをしてて、セックスは一般的にいやらしいものか、神聖なものかどちらかでしかない。

けど、もっとフラットなものでいいんじゃない?てか、本当はそうなのに!という疑問から、今回の会に発展したのでした。

実験的に開催した会にもかかわらず、かなり興味深い内容となりました

手芸×性ということで、プラ板(トースターで焼くと縮むヤツ)をみんなで作り、そのあとみなさんに題名とともに、発表していただき、ディスカッションを行いました。

CIMG1342.jpg

CIMG1341.jpg

CIMG1346.jpg


さっそくですが、みなさまの作品を紹介しています!


<女性のくびれ>

CIMG1359.jpg

女性の身体に、女性の自分でもエロスや美しさを感じる。
逆に男性の身体自体にはエロスを感じることは余りないとのこと。

→女性にも男性にも共感を得た意見でした。オスかメスかどちらかが美しいというのは、生物学的なものでしょうか?しかし、そもそもその”美しい”という感覚自体が人間が決めつけているものであって...一体美しさとはなんなんでしょうか?


あっ、ここで重要なキーワードが!!!いつも話しを締めるかけ声として、何か決めているのです。

開催一時間前に決まった「エロイム・エッサイム」です!

30代にはおなじみ、悪魔くんです!メンバーの温子さんは無類の水木しげる好きなので、出るべくして出たワードでありましょう。

司会である私が、みなさまの話しのあとに「エロイム〜」と声をかけるとみんなで片手をあげなから「エッサイム〜!」と叫ぶというものです...!

最初、相当恥ずかしくて「今になって照れてきた...」ともっとも言ってはいけない一言をもらしてしまい、一瞬楽屋はこおりついたのでした...
でも2〜3回言うと慣れてきました

そんなこんなで、作品をどんどん紹介していきます!


<ほとばシル>

CIMG1358.jpg

元風俗嬢という方。軽快にいろいろなお話をして下さいました〜

ちょうちょに男性器と女性器を見るというテーマ。黄色いのはほとばシルとのこと。

→なるほど!ちょっと両性具有的なエロスも感じる作品ですね。クラシックを聴くと全身が性感帯となり、なぜか濡れる(はっきり言ってくれてありがとう!)とのことでした。なんとなく包まれる気持ちになるの、わかります!


<ショートカットの祭り>

CIMG1357.jpg

昔からなぜか、ショートカットの子が好きとのこと。一番いいのは、スポーツ部所属の超短髪の女の子とのこと。でも最近は、”バリバリのキャリアウーマン”にも憧れるとのことで、言い回し古っ!と会場をわかせていた方でした。

→一番印象的だったのは、他はそこまで共感できなかったけどこのことにはものすごく共感できる!と言っていた参加者の女性。
本当に人それぞれ感覚が違うんだなあ...と感慨深かったです。



<爽(そう)>

CIMG1356.jpg

みなさま聞いたことはございますか?
女性が斜め掛けバックを斜めにかけることで生まれる胸の谷間の様子を
「おっぱいスラッシュ」というんだそうです!!!

なんて面白いネーミング!特にやせ形の女性がこれをしているのにグッとくるそうです。

→以前はなんとも思わなかったのに、本で知って急に意識するようになったとのこと。

別視点が入ることのおもしろさですね。これをわざとやっている女性(いわゆる猛禽女子ってやつですね)も居るというコメントに、男性陣はびっくりされておりましたw



<春の憂い 〜エロスは春で〜>

CIMG1355.jpg

セックスは明るく楽しくあったかいものだと思うとのこと。目の奥にその人の暖かさを感じ、それが自然なエロスへと繋がるとのご意見。

→ふじみん先生曰く、江戸時代まではまさにそういう感覚が普通だったとのこと。
近代になって西洋文化が入ってくることで禁忌的な意味合いが強くなってきたとのことでした。

私達日本人は本来はもっとおおらかな民族なのかもしれませんね。

宗教で自分達を縛ることもなく、ゆるやかに自然の神様を身近に感じて生きてきた民族ですし...
長くなりそうなので辞めます笑



<どら猫ちゃん>

CIMG1354.jpg

おなじみドラえもん!どうエロいかというと、まんがの中でドラえもんの手だけしずかちゃんになったり、足が着いてたりする回があって、その不意打ちの不調和さにエロスを感じるとのこと。

→たとえば志茂田景樹のブラひもがスルッと取れたときに(しかも「持論公論」出演時www)、水を顔に突然かけられたときのような不意打ちを感じ、あわわ。。。!ってなったとのお話。

そうくるか!感は確かに衝動を駆り立てられるような気がします。

あと、このキーホルダーは単純にとっても可愛くて欲しかったです!


<汚いTシャツ>

CIMG1349.jpg

レロレロになったTシャツに萌える!襟元などが汚れてたらなお良し!

セックスの最中に、片手で頭から引きちぎるように、その汚れたTシャツを脱いで欲しい!

→汚れたTシャツについて熱く語ったあと、結論としてはまさかのその人が大好きだったから、ただ汚れたTシャツ”でさえも”好きだったとのこと。

全部ひっくるめて好きってことだと思います。やっぱり愛のあるセックスが一番ですね!


<いいな>

CIMG1351.jpg

シャルロット・ゲンズブールのロリータと大人っぽさを両方備えた魅力に憧れるとのこと。

→子どものころ家族がラブホテルを経営されていたおうちで育ったとのこと。
小さいころから性を身近に感じ、男女の営みに触れる機会が多かったせいか、ご自身は逆に”淡白そうだよね”と言われることが多いとのこと。
言葉のニュアンスは違うかもしれませんが、反面教師ということでしょうか。

もっと知りたいと思うようなお話でした!続きは第二弾で!!!


<長髪無限大>

CIMG1350.jpg

昔から長髪の男性が好きだったとのこと。

→今回のMVPというべき方の作品。最近結構大きな手術をしたときに無菌状態でないといけないにも係らず、執刀医がすげー長髪(しかも束ねてない)だったとのことwww

そこは要らんわ!って感じですかね笑
いやー、笑い過ぎて反り返りました。
まだ病後とのことなので、お身体に気をつけて欲しいです


<ふぞろいな歯並び>

CIMG1353.jpg

歯並びの悪い人にグッと来るとのこと。
遠くから見守りながら、ニヤッと笑われたりなんてするとイチコロとのこと。

→お歯黒の文化や、茶道の文化にも見られるように”ちょっと欠けてる”という恥美的エロティシズムはわかるような気がします。
人それぞれですが、完璧なものが大好きって人はあんまり居ないような気がするな〜って思いました。


※みんなの作品
CIMG1348.jpg

みなさまの作品自体、とてもクオリティの高いものが出来たように思います。

何回セックス、エロスって書いたかわかりませんが...とにかく私が一番思ったことは

本当にみんな違うこと考えているんだな!!!

ってことです。あるテーマに沿って意見を交わし合うたびに、毎回この結論に辿りつきます。

分かり合わなくてもよいから、ただ「違いを知る」ということだけで、いいような気がします。

違いをよく知ることで、人と争ったり愚痴言ったりすることが減るような気がします。

まあ、そう甘くはないですけどね...

タブーとされていることでも、そうでないことでもよく人の意見を聴き、対話することの大切さを学んだように思います。

みなさまはどのように感じられたでしょうか?いろんな意見が聞いてみたいです。

第二弾も必ずやりたいので、お楽しみに!
今後ともどうぞ手芸実験室フラスコをよろしくお願い致します。

written by Risa Nakamura
















黒板お絵描きWS終了!

  1. 2014/10/02(木) 16:29:39_
  2. 終了ご報告
  3. _ tb:0
9月28日に開催しておりましたアトリエ改装ワークショップ最終章、賑々しく終了いたしましたー。

10653298_622877097811097_387493025786264575_n.jpg

ほんと、よくまぁここまで変わったもんだ。
ちなみに最初期の状態がこちら↓

CIMG1048.jpg

今回もまたまた写真盛りだくさんにて工程レポしていきたいと思います。

10678763_622876847811122_7007019064470548680_n.jpg

10711123_622876854477788_6997299826226476231_n.jpg

リノっしょビギナーズ』メンバーでもある、イラストレーターのイサヤマ氏デザインによる下絵。
これらを壁に描いていきますよー。

まずは下書き!

10687225_622876851144455_7520182760849069470_n.jpg

イサヤマさんがフリーハンドですいすい~と描いていきます。
さすがー!!
プロのイラストレーターさんのお仕事を間近で見れる機会もそう無いので感心しまくりです。

1959325_622876901144450_6262381543361428857_n.jpg

参加者の皆さんがお見えになられてきました。
ペンキメーカー『ベンジャミンムーア』の店長さん、木工家具職人さんなどなど…
今回の参加者さんたちは即戦力の方が多い!!
D.I.Y話や手作り話なども盛り上がります。

10250328_622876891144451_2820716516131514934_n.jpg

イサヤマさんからご指導受けつつ、いざスタート。

10649678_724830964259720_8341985048162043009_n.jpg

描き。

1970552_622877054477768_2573845862357985094_n.jpg

描き描き。

10369714_622876861144454_4880945727151119416_n.jpg

今回は全部で5色のペンキを使っています。
最初に薄いピンクや白などの淡い色のイラスト部分を埋めたあと、
2回目で青や黒などの濃い色の部分を塗っていきます。

10620600_724831017593048_6683473390046990354_n.jpg

一度塗り目が終了したので、乾燥待ちしている間に手芸講習をば。

10629569_724831227593027_2842734879296923967_n.jpg

子供のころ誰もが一度は折り紙で作ったことがあるのではないでしょうか~?
懐かしの「オリガミチェーン(と私は呼んでます)」をフェルト生地とチロルテープで再現!
ハサミでカットしていくだけで針も糸も使わず簡単に作れますよー。

10629594_622877084477765_3651963315039482991_n.jpg

作業再開。
みなさん頑張ってくださってます!
難しそうだけど、楽しそう~。

10659341_724831200926363_6280017962131565431_n.jpg

その頃のバックヤードでは、フラスコメンバーのナカムラさんと
参加者さんのお子さんたちによる真剣勝負(ババ抜き)が繰り広げられていました。

10649844_622877664477707_1860914596247846153_n.jpg

最後にフラスコロゴにフリーハンドで筆入れ!
字を間違えないかドキドキしました…。
我が子も心配そうに見守ります。
「大丈夫かよ、カーチャン…」という声が聞こえてきそうな。

10363699_622877094477764_3333908627015149392_n.jpg

完成!!
大変賑やかな壁になりました~!

今回、7・8・9月と大掛かりなペンキ塗りワークショップをしてきたわけなんですが、
やってみて思ったのはD.I.Yとかペンキ塗りとかってもっと気軽にしちゃっていいんだな!ということ。

ベンジャミンムーアさんで教えてもらったのですが、
欧米では子供の誕生日パーティのために部屋の壁を一部塗り替えることもあるのだそう。
カーテン変える程度の軽い模様替え気分でそんなことしちゃうのもアリなんだなーと新鮮でした。

日本人の感覚からすると、壁に手を加えるなんて気軽どころか
かなり覚悟をもって施工してもらうリフォーム、って感じですよ。
ましてや今回私たちがやったようなイラストを描いてしまうだなんて、
「住まいにやるのはありえない!」という感覚の方が大半なのではないでしょうか。

でもですね、飽きたらまた上から違う色塗ってしまえばいいんですよ!
毎日過ごす場所だからこそもっともっと自由にコダワリ無く、
ちょっとずつ自分で手を加えていけたら暮らしがより楽しそうだなぁ~、なんて思うんです。

とは言え賃貸のお部屋だとやりたいと思っていてもそんなことをするのは難しいですよね。
でもアナタのその願望を叶えてくれる物件も…
スペースRデザイン』さんにならきっとありますよ!!

なーんて、分かりやすく勝手にステマなリンク貼ってみました。

全3回のワークショップに全面協力いただいたリノっしょビギナーズさん、
そしてご参加いただいた皆さま、改めまして本当にありがとうございました!!

written by Atsuko Nishi


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


月別アーカイブ

リンクいろいろ(順不同です)

おしゃれハンドメイド雑貨店Sally
メンバー中村が2013年末まで運営しておりましたが現在閉店しています。

手芸雑貨店Tutti Frutti
メンバー西が2014年1月末まで運営していた手芸材料店。現在は閉店。

桜坂山ノ手荘
中央区桜坂にある複合的商業アパートメント。

NPO法人ドネルモ
既存の概念に囚われない新たな仕組み作りに取り組む団体。

ダイスプロジェクト
リノベーションや廃材利用などで建物や町造りをプロデュースされてます。

NPO法人アカツキ
人材の掘り起こしやNPO団体における人同士のつながりを形にする支援をされています。

福岡恐いもの研究会
演劇×お化け屋敷などを企画。トラウマ手芸部で絡みました。

ナリワイ
いろんなナリワイを自ら創る伊藤さん。床張りWSしてもらいました。

リノっしょビギナーズ
自由に改装しつつ暮らす賃貸のカタチ。一緒にD.I.Y企画していきます。

フクオカクラフトマーケット
年一回護国神社で開催。フラスコも出店させていただきました。

特定非営利活動法人まる
アートを軸に障害者支援をされています。イベント出店ご一緒しました。

サヌイ織物
早良区小戸の博多織織元。商品製作に関わらせていただいてます。

ちどり子
へんてこかわいいものを生み出し続ける手芸作家。フラスコのお友達です。

かちゃ
福祉作業所から生み出された雑貨を多数扱う。

汽笛ドーナツ
北九州門司にある人気店。ワークショップ会場としてお世話になりました。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。